虎の威を借る狐たち

学歴や会社の知名度、そういうものに固執する弱い僕達

仕組みの中で頑張ることの意味-その2

就活が終わってからというもの、僕はずっともやもやしていました。

すごい会社から内定をもらった知り合いや、周りの同期の話を聞くと胸が苦しくなりました。

 

僕は自分のことを、「負け組」だと思うようになったのです。

それまで根拠もなく信じていた、ふわふわとした明るい未来が、永久に途絶えたような気がしたのです。

 

それからというもの、僕は色々な本を読み漁るようになりました。

今自分が持っている価値観の中に自分を当てはめると、人生が暗く感じられたからです。就活に上手くいかず、周りを妬む、そんな自分が嫌でした。

だから、考え方を変えたかったのです。

 

大きくて有名、年収が高い会社に入ることが大切だというなら、僕はずっと周囲に対して引け目を感じて生きていかなくてはいけない。

そんな人生を送りたくなかったのです。

だから僕は、のめりこむように本に没頭しました。

 

本の世界は、僕が過ごす日常の世界よりもずっと豊かで自由でした。

周りにはいないような多様な考え方をもった人がいて、惜しみなくそれらが綴られています。今まで考えたこともないような価値観を本は教えてくれました。

 

そして、思ったのです。

 

自分は本当に、せまい価値観の中に縛られていたのだなと。

 

当たり前だと思っていた学校教育。

当たり前だと思っていた働き方。

当たり前だと思っていた倫理観。

 

当たり前だと思っていた常識は、全て世の中の都合によって決められてきたもので、絶対の真理なんかでないということ。

同じ価値観の中にいるだけではわからなかった、異質の価値観に対する偏見と差別。

 

例えば、学校というもの一つとっても、

周りと上手くやれないものは人生の落伍者でした。

休学、退学なんてもってのほか。枠から外れたものは負け犬で、みじめな末路を送る。

 

僕はそうずっと思っていました。

きちんと与えられたことをこなす僕は、大丈夫。

 

でも本来の学校制度は、工業化が進んだ時代に、工場で働く上で必要な知識を詰め込んだ労働者を効率的に育成するために生まれたものです。

だから、お金の知識だとか、会社の仕組みだとか、そういう余計な知識は勉強させませんでした。四則演算と文字さえよめれば、それでよかったのです。

 

だから、学校の教育は完璧ではない。絶対の正義ではない。

誰かの都合によって作られた一つの型なのです。

 

当然その型に合わない人だっている。

それなのに、型に合わない人は駄目な奴で、

型に上手くはまっていられることが正しいなんて、誰が決めたんでしょうか。

 

僕は、わりと上手く型にはまっていられた方でした。

型にはまらない、一部の人たちを痛い人だと思っていました。

 

「青臭い、夢見がちな、恥ずかしい奴。

自分が上手くできないからって、世の中のせいにして。」

 

世の中が自分と同じ価値観だということに安心して、自分の正当性を主張し、

他人を糾弾していたのです。

 

そして、今。

就職活動が終わって僕は、

自分のその価値観に苦しめられることになったのでした。

仕組みの中で頑張ることの意味-その1

 

今日は、僕の思考がここ半年でどう変わったかについてまとめたいと思います。

というのも最近、周囲から「なんか前はもっとエネルギッシュだったけど、最近元気ないよね?どうして?」とい言われることが多くなったからです。

就活の疲れがまだ尾を引いているの?とか、キャラ変したの?と周りからは推測されているようです。

 

でも、その推測はどれも、あまりしっくりと感じません。

確かに、きっかけは就活だったかもしれません。でも、僕の様子が変わったとしたら、それは就活の疲れによるものではなく、これまでの自分とこれからの自分について、真剣に考え続けたからだと思います。

 

それを伝えたくて、思考を整理しようと思います。

 

修士1年の夏から僕は、就職活動を始めました。

 

やりたいことってなんだろう、ということがまず始めに浮かんで、

そんなものはないから、とりあえず高給取りになろうと思いました。

趣味もないから、激務だってへいちゃらだし。

そうすると、どうやらコンサルタントって職業があって、

そこにいくと知名度も高いし高級とりだし、

他の一般企業よりも裁量権があってかっこよさそうだ、

ここにしよう。

 

こうして僕はコンサルタントを第一志望にしました。

 

自分の中身は見ないようにしていました。

本当は僕は、コンサルタントがやるような仕事にはおよそ向いていませんでした。

データを見るのもいじるのもあまり好きではないし、

何よりあれこれ人にいうよりは、まずは自分でやってみたいタイプだったのです。

コンサルタントに進んだ先輩にも、「君はプレーヤー気質だと思う」と言われたのを覚えています。でもその時僕は、馬鹿にされていると感じました。

 

コンサルタントという最高に知的でクールな仕事に従事して、その他のあくせく試行錯誤している事業会社なんて下に見ているくせに。どうせ僕が馬鹿そうだからそういうのだろう」

 

おわかりのように、事業会社を馬鹿にしているのは本当は僕の方でした。

 

馬鹿にすることで、自分は他の人間とは違う、かしこい人間なんだと思い込もうとしていました。

 

僕は、自分はかしこくて出来るやつだというふうを装いながら、

実は全く逆の自己評価をもっていました。

本当の僕は、容量が悪くて、機転も回らなくて、柔軟性もない。

そんな僕が、コンサルタントとしてやっていけるはずがない。

心の声は常に僕にそう訴えていました。

でも、高級そうな仕事、人からうらやまれたい気持ちばかりが先行していた僕は、

必死に自分という型を「コンサルタント」という枠に当てはめようとしました。

 

「大丈夫、本当は向いているはずだ、この仕事に興味がある」

 

時はすでに修士2年の春、

いまさら他の業界を見るなど、考えられもしませんでした。

わからないから、一つの業種にすがりついていました。

 

この顛末は、すでにブログで書いた通りです。

 

最後の最後でやっと僕は、「やりたいこと」を基準にして、

自分でモノ・サービスを作る側に回ろう、と思ったのです。

 

それが、今の内定先を選んだ理由です。

給料も高くありませんが、「知っている」「まともそうな」会社の中ではいちばん興味がありました。

小さな、ほんと小さな目標達成です。

 

 

今日、はじめて自分が書いた漫画をネットに挙げました。

かなり下手くそなんですが、自分としてはわりと満足のいく仕上がりになりました。

 

続きモノなので、きちんと完結できるように頑張ります。

 

 

さて、今日読んだ本のご紹介を。

最近、読む本といえばノンフィクション中心だったのですが、

どこかで見かけたブログに書いてあったコメントが気になって、久しぶりの物語を読みました。

 

「モモ」

著者:ミヒャエル・エンデ

Amazon CAPTCHA

 

知っている方も多い、ベストセラーですね。

僕はお恥ずかしながら、この歳まで読んだことがありませんでした。

 

「時間泥棒」の元ネタは、ここにあったんですね。

子供向けの童話ですが、大人にも向けたお話なのだと思いました。

 

人々から時間を奪い、効率化を強要する、灰色の男たち。

(会社のダウンサイジングで幅を利かせたコンサルタントたちを隠喩してるのかな?とちょっと思いました)

 

時間を節約することによって「心のゆとり」をなくした人々はいつもイライラして、自分の人生を楽しめなくなってしまう。本当に大切なものを自ら手放してしまう。

 

時間とは、生きるということ、そのものなのです。 そして人のいのちは心を住みかとしているのです。人間が時間を節約すればするほど、生活はやせほそっていくのです。

 

僕自身、就職活動がおわってから、灰色の男たちと知らずしらずのうちに契約してしまっていたのでは、と思い至りました。

勉強は大事です。

でも、友達と話すこと、友達の悩みを聞くこと、親孝行すること、こうして漫画を書いたりすることも、僕の心にはなくてはならないものです。

 

焦るあまり、効率化を重視して、僕はイライラした人間になっていました。

少しまた、自分の考え方や行動を見直しながら、勉学に励んでいきたいと思います。

 

 

統計と人工知能

最近、いろんな所で耳にする「人工知能」。

IBMのワトソンや、身近なところではSiriなど、

かしこいロボットがどんどん出てきて、夢にまでみたSFの世界が近づいていると感じる人も多いのではないでしょうか。

 

僕も其の一人で、

ディープラーニング、なんだかよくわからないけどすごいな、

人口知能の頭脳のコアの構造で、めちゃくちゃ高度なプログラミングで出来ているんだろうな〜と思っていました。

 

ところが、最近自分の研究関連で統計の勉強を始めて、気づきました。

 

あ、なんだ、人工知能って、ようするに統計じゃん。

 

ビックデータ(=蓄積された膨大な生データ)から非説明変数(=マーケティングなら店舗の売上等)を説明するために、各説明変数(立地、延べ床面積等)から重回帰分析などの相関式をつくり、予測し、フィードバック(=実測値との誤差を確認)する。それを繰り返すことで、式の精度を高め、正確な予測値を出す。

 

そうすると、例えば

「お店のどこそこにAという品物がある時、店舗の売上が伸びる」

なんていう規則性を発見する。

 

人間がなんとなく直感でやってることを、ルールを発見してその通りに動くのが人工知能。ルールは統計分析の手法に基づき算出される。

 

今のところこういう理解です。

浅い知識ですが、人工知能って研究でもよく使う統計の延長なのか、

と思うとぐっと親しみが湧いてきませんか?

 

 

 

一応。最近読んだ統計の本をのせておきます。

僕みたいに、統計ってなあに?というレベルの人でも全体像が理解しやすい。

体系的にまとまっている本です。おすすめ。

著者の栗原さんのざっくばらんな説明が親しみやすいです。

 

 

入門 統計学 -検定から多変量解析・実験計画法まで

-栗原伸一 (著)

http://amzn.asia/g6m2edE

 

台風と気分

こんばんは。

 

今週は金曜日から研究室の出張で関西の方に行っていました。

台風が迫ってきているということもあり、今日の午前に急遽帰りの電車を早めました。

ちょうど僕が乗った便がぎりぎりセーフだったようで、それ以降は運行見合わせになったみたいですから、よい判断でした。

 

周りは大丈夫だろ、って雰囲気だったんですが、

台風の速度的にいやいや、大丈夫か?と考え直して良かったです。

 

少し疲れていますが、これから勉強します。

修士論文で統計分析を扱うので、Rの勉強。

 

では。

 

やらないことを決める

6月に就活を終えてからというもの、僕はずっと就活の最中に感じたもやもやについて考えていました。

 

それは、世間の一般常識を疑わず思考停止していた僕にとって、初めての価値観の揺らぎでした。

 

それまで自分はずっと正しいと思っていました。

自分の生き方こそが、王道で、幸せになれるんだと思っていました。

みんなが自分と同じように生きていて、それが「普通」だから「安全」。

 

学生で起業したとか、ベンチャーに入ったとか、そういうのは一部の「頭のぶっとんだ、リスクを顧みないヤバイ人」。

実名でブログやったりyoutubeで顔出ししている人は「ネットリテラシー低めの馬鹿」

twitterとかInstagramで必死こいて投稿しているのは「自己顕示欲丸出しの痛い奴」

大学中退なんて「おちこぼれ」

 

自分は安全な所にいて、そうした人たちを遠目からみて冷静に分析している常識人だと思っていました。

 

でも、本当はわかっていました。

そういう恥ずかしいこと、痛いこと【=リスク】を取ることでしか、自分の望むような結果はついて来ないということ。それに気づいて、行動できるかが重要なのだということ。

 

気づいていながらそれまでの考えを捨てられなかったのは、

簡単な理由です。周りも皆「常識人」的な考えの人しかいなかったから。

 

類は友を呼ぶ。

凝り固まった「常識人」には、同じように凝り固まった「常識人」が集まっています。

僕の場合は、両親が「常識人」でしたから、幼いころから「常識」を学びました。

 

学校は行くもの

有名な大学に行くことが一番良いこと

良い大学に行くと就職に有利なこと

大企業に入ると安心だということ

結婚はするもの

60歳で定年すること

平和であること

平等であること

頑張れば必ず報われること

勉強は学校の試験のためのもの

勉強はつまらない

つまらないことでもやらないといけないこと

仕事はつまらないこと

仕事は義務だということ

お金は大事でないということ

真面目に働いていけばお金に困らないということ

日本が世界の中心だと思うこと

 

少しでも分別のある子どもだったら、

「それって本当にそうなの?」って、疑問に思うでしょう。

けれど僕は「いい子」でした。

言うなれば親や周りの意見を素直に聞く、「思考停止キッズ」でした。

 

親を責める気は毛頭ありません。

彼らは自分の人生を生きているだけです。

僕が勝手にその人生こそが常識なのだと信じて疑わなかっただけなのです。

 

両親の人生を模倣しようと思っていました。

人生の模倣というものは、価値観の模倣です。

 

よくわからないまま、考えないまま、他人の「価値観」に合わせて自分の人生を生きようとしていた。

 

そのことが、就職活動を通してわかったのです。

これが、僕だけのことなのか、それとも多くの学生にとっても起きていることなのかは分かりません。気づいてしまった自分の未熟さを、周囲にさらけ出す勇気がありませんので、周りがどう思っているかもわからないのです。

 

僕と同じように悩んでいる人がいるかもしれない。

 

その一方で、とっくにそんなことみんな考え終わっていて、今更かよ、と冷めた目で見られることが怖い。

あるいは、逆にそんなこと全く考えていなくて、なに青臭いこといってるんだ、と思われるのが嫌だ。

どちらにせよ、周囲に喋ることによって、マイナスな影響しか起きないような気がするのです。

 

考えてみれば、僕と僕の周りは、いつも表面的な会話しかしていませんでした。

誰それが誰それと付き合っただの、別れただの、結婚はいつだの、漫画の展開の話だの、、、、

 

働くとは何か、どう生きることが自分の幸せか、なんて話は、タブー視していました。

政治や宗教と同じ、他人が踏み込んではいけない聖域だから、と。

 

でも、本当はそういう話を議論すべきだった。

なのにできなかったのは、なぜだろう。

 

浅い付き合いしかしてこなかったのか。

そうかもしれない。

それか、僕も彼らも、ちゃんと考えて生きていなかったのだろう。

 

生き方に正解はないけれど、

生き方を自分で考えて選べる環境があるのに、

そうしないのは本当にもったいない。

 

気づくのがおそかったです。

だからもう時間は無駄にしたくない。

 

あれもこれも、と手を出すのではなく、

まずはやらないことを決める。

やると決めたことはやり抜く。

 

言うは易し、行なうは難し。

思いだけでは人は変わらないから、

今は環境作りに、精を尽くしたいと思います。

 

書評:「モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書」を読んで

こんにちは。

 

10月も中旬ですね。

就職活動が一段落して、はや四ヶ月経ちました。

 

僕は修士1年の夏から就職活動をしていたので、およそ一年くらいやっていました。

あの頃の僕は、特別な自分になりたくて、世間で賞賛されるような人間になりたくて、

とにかく躍起になっていたと思います。

 

小学校、中学校、高校と与えられた課題をこなし、そこそこの成績をおさめ、

大学、大学院に進み・・・

 

このまま順調に行けば、大企業にでも入って、昇進して、結婚でもして、定年して・・・

そんな人生が「当たり前」だと思っていました。

でも、どこかでそんな人生が嫌で、変わりたいとも思っていました。

 

だから僕は、人生のレールの最終地点ともいえる「就職活動」において、最後に悪あがきをしました。みんながすごいっていってもらえるような、クリエイティブで、先進的で、最高な、そんな会社に入りたい!そこで、最高な自分になりたい!

 

みなさんもお気づきの通り、こんな付け焼き刃で浅はかな考えの人を、会社は受け入れるでしょうか?嫌ですよね。僕も、こんな奴と一緒に働きたくありません。

 

一通り就職活動を終えて振り返ってみて、やっと馬鹿な僕でも分かるようになったんです。自分はなんにも努力してこなかったんだと。「生き方」という、一番大事な軸について真剣に考えてこなかったと。

 

僕はどう生きたいのか?

何が楽しいのか?

何が面白いのか?

何が嫌なのか?

何が好きなのか?

 

もちろん、就職活動でも形式的にはこんなことを考えました。

でもそれは結局、就職活動のために作られた自己像でした。

今なら言えますが、自分の人生についてそれまで真剣に考えたことの無かった人が、就職活動で急にそんなことを考えても、ほとんどの場合取り繕ったものだと思います。

 

だって、内省なんてしたことないから。

テスト勉強と同じノリで、とりあえず自己分析の設問を埋めることに躍起になる。

全部終わったら、「長かった〜」といって背伸びして、テレビでも見始める。

 

そんな「自己分析」にどれほどの意味と価値があるのでしょう?

 

話がそれましたか、就職活動が終わってから僕は、改めて自分の生き方について考える時間的余裕を得ました。

毎日、本を読んで考えることを繰り返す内に、僕の中で考え方が少しづつ変わっているのを感じます。この価値観の変動が、本に感化を受けたことによる一時の揺らぎなのか、それとも今後も続いていくのかは自分でもよく分かりません。

 

でも一つ言えるのは、いくつかの習慣が変わりました。

そしてそれは、就職活動を終えて4ヶ月たった今でも、ほそぼそとですが続いているということです。いつもは、どんなに奮起しても3日で終わるのにも関わらずです。小さな小さな変化ですが、これは僕の価値観の変化が、僕の世界を変えた確かな証だと思うんです。

 

 

 

さて、最近、一冊の本を読みました。

尾原和啓さんの「モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書」という本です。

www.amazon.co.jp

 

この本は、

さとり世代、ゆとり世代と揶揄される年代の若者たちを「乾けない世代」と再定義し、それ以前の戦後なにもなかった環境から這い上がった「乾いた世代」と対比させ、そのモチベーションの違いを分析した著書です。

 

僕が就職活動を通し感じていた「働くこと」へのもやもやを、非常に上手く言語化していると夢中で読み進めてしまいました。

 

彼らは『ないものがない』だから『乾けない』。でも、上の世代は『ないものがある』こと至上主義だから噛み合わない

 

そうなんですよね。僕らには『ないものがない』んです。

日本という安全な国で、物に囲まれて、どんどん新しいものが開発されて。

暮らしていくに最低限の物は買えて、たまに遊んだりする余裕もあって。

 

そんな中で、自分たちが頑張る必要を見いだせない。

頑張らなくてもそこそこ幸せでいられる。

頑張ることで、今の日常を壊してしまうのが怖い。

周りは頑張ることに対して冷めた目をむける。

 

いろんな理由はありますが、そうした環境に慣れた僕には、

講演会でたまに話を聞く著名人の方々の話はどれも「異世界」でした。

 

戦後、日本には何もなかった

その当時はネットなんてなかった

一からサービスを作っていった

 

 こんな話を聞くたびに、言ってはなんですが「また武勇伝か」と思いました。

なにもないってことは、どんどん新しいことに挑戦していける余白があるということであり、そこにはたくさんのチャンスが眠っていたということです。

 

でも、今僕たちが生きている世界は、いわば「資源を取り尽くされた後の海域」みたいなもので、たくさんたくさん掘り返してようやく小さな財宝を一つ見つける、みたいな状況だと思うんです。

 

だから、正直僕は彼らが羨ましかった。

「乾くことに乾いている」というのが一番近い表現かもしれません。

 

僕たちは、たしかに「ゆとり世代、さとり世代」なんて言われるように、覇気がなくて、欲もなくて、根性もないように見えるかもしれません。

 

でも、僕たちだってなんにも感じてない訳ではないんです。

何かに没頭し、やりがいをもち、生涯をかけて取り組めるようなモノに出会いたいと、

心から渇望しているんです。

 

でも、それが上手く言えない。

甘い考えだと言われる。皆我慢していると言われる。

仕事は辛いものだと言われる。

 

それはわかっています。どんな仕事も楽しいばかりではないということ。

けど、仕事の先の先の、大目標というのでしょうか、

見通す先に自分が本当に望むものがあるからこそ、人は頑張れるんじゃないでしょうか。

 

だから僕は、それを早く見つけたい。

見つけた時こそ、僕はこの人生に「没頭」できると思うのです。